CAS技術の進化

CASの導入事例

加工・サービス

本格的な日本料理からフレンチまで。
ジャンルを問わずさまざまな飲食店の期待に応える成果を挙げています。

日本は、世界中のありとあらゆる料理を楽しむことができる食の楽園です。しかし、一方で、常に新しさが求められる加工・サービス業、競合との差別化をいかに図るかが鍵となります。それぞれの戦略や商品にCASを取り入れることで、独自のカラーを確立した事例をご紹介します。

計画的な加工

「作る」も「使う」も自由自在

販売チャンスにいつでも対応

季節や日によっても異なる消費動向や急なオーダーに対応することが可能になります。CASは下ごしらえの状態や完成品などあらゆる調理過程でその効力を発揮し、"解凍したら限りなく生"のクオリティを必要な時に必要な分だけ使用することができます。飲食店における多品種少量生産にも対応できます。

白イカ岩ガキ海士の寒シマメ(スルメイカ)

品質の追求

どんな場所でも"作りたて品質"を提供

こだわりの味を活かす

CASによって製造時の味をキープし、その"作りたて品質"をお客様のもとへお届けすることができます。製造時から食べてもらえるまでのタイムラグから解放され、美味しさだけをとことん追求した商品開発を可能にします。"作りたて"にこだわるレストランの料理も様々な販売方法が可能になります。

鯛料理鯛料理鯛料理

安定した原料調達

旬の素材がいつでも手元に

安定した原料調達でコスト削減

旬の素材にCASを作用させながら凍結することで、一番美味しい時期の食材を使った食品加工が一年中可能になります。原料調達の安定により、食品製造の年間計画が可能になります。また、季節もの食材を組み合わせた新しい商品も開発することができます。

茨城県 久慈漁港様 茨城県 久慈漁港様 茨城県 久慈漁港様 しらす

CASに関するご質問、ご相談などはこちらからお問い合わせください。

WEBでのお問い合わせ
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メール
FAXでのお問い合わせ
FAX:04-7156-8662

CASの使用事例:おいしさと品質の向上

CASの導入事例:導入事例のご紹介

各種表彰関連:各種表彰受賞歴のご紹介

特許情報:アビーのパテント取得

お問い合わせ

  • ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
  • WEBでのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メール
  • FAXでのお問い合わせ
  • FAX:04-7156-8662

CASに関するご意見について