ニュース

ニュース

PICK UP
2011年9月26日
ゆとり歯科医院院長 羽田祐二先生の著書にCASが紹介されています。

あなたの歯はよみがえる 『あなたの歯はよみがえる』
ゆとり歯科医院院長 羽田祐二著
(出版:幻冬舎ルネッサンス)


ゆとり歯科医院院長 羽田祐二先生著『あなたの歯はよみがえる』が幻冬舎ルネッサンスより出版されました。著書の中でCASがこのように説明されています。

「画期的だったアビーの冷凍技術」
即時移植でも冷凍保存した歯を移植する場合でも、その成功率の鍵を握っているのは歯根膜の存在です。そしてその歯根膜の凍結保存を可能にしたのが、アビーのCAS冷凍技術でした。
CASとは Cell Alive System(セル・アライブ・システム)の頭文字をとった言葉で、文字通り、細胞を活かしたまま凍結して保存する技術のことです。もともとは、食品を長期間、鮮度を損なわずに保存するための技術として開発されました。
食品にせよ細胞にせよ、それを凍結保存する本来の目的は物質の質的変化を最小限に抑えることにあります。
この技術は「歯の銀行」として既に実用頂いております。

CASに関するご質問、ご相談などはこちらからお問い合わせください。

WEBでのお問い合わせ
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メール
FAXでのお問い合わせ
FAX:04-7156-8662

CASの使用事例:おいしさと品質の向上

CASの導入事例:導入事例のご紹介

各種表彰関連:各種表彰受賞歴のご紹介

特許情報:アビーのパテント取得

お問い合わせ

  • ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
  • WEBでのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メール
  • FAXでのお問い合わせ
  • FAX:04-7156-8662

CASに関するご意見について