ニュース

ニュース

メディア情報
2012年10月11日
日本経済新聞('12年10月10日首都圏版)「再生医療研究に追い風」にて、アビーが紹介されました。

日本経済新聞「再生医療研究に追い風~事業化に向け企業動く~」にて、アビーが紹介されました。

 

以下、概要です。

凍機器メーカーのアビーは東京大学、千葉県産業振興センターなどと組み、iPS細胞などの幹細胞の凍結・解凍技術の開発を進める。iPS細胞は他の細胞に比べ、冷凍解凍後の細胞生存率が極めて低い。アビーが開発した細胞組織を壊さずに凍らせる「CAS技術」を応用することにより、ヒトiPS細胞・幹細胞を長期間安定的に保存することを目指す。実現すれば、再生医療の研究開発が大きく加速しそうだ。5年後を目処に機器を開発し、販売を始める計画だ。

CASに関するご質問、ご相談などはこちらからお問い合わせください。

WEBでのお問い合わせ
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メール
FAXでのお問い合わせ
FAX:04-7156-8662

CASの使用事例:おいしさと品質の向上

CASの導入事例:導入事例のご紹介

各種表彰関連:各種表彰受賞歴のご紹介

特許情報:アビーのパテント取得

お問い合わせ

  • ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
  • WEBでのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メール
  • FAXでのお問い合わせ
  • FAX:04-7156-8662

CASに関するご意見について